Onelife2.0(公式ニュースレター2021年3日17日)

この記事はOneEcosystemの公式ニュースレターを日本語にしたものです。
※当該和訳は、英文を翻訳したものですので、和訳はあくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、英文の原文を参照していただくようお願いします。
※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

OneLife 2.0に着手するにあたり、多くの手順や戦略が、正しい目的を持って、正しい方向に変更されている理由を十分に理解していただく必要があります。

まず第一に、アカウントの有効化に30ユーロの手数料がかかる主な理由をもう一度説明します。

たとえば、名前が違うアカウントであっても、電子メールアドレスや電話番号が同じであったり、その他の情報が別の口座と矛盾している口座があると、IMAに問題が生じ、結果としてこれらのプロフィールが分割されてしまいます。

そのため、デジタル・アイデンティティのために、この料金の支払いが必須となります。デジタル・アイデンティティとは、本人として識別されることを意味しますが、IMAとして、特に2段階認証(2FA)の認証方法で認証する場合、電子メールや電話番号を接続することで、本人として識別されます。

これらはすべて、IMAと会社により大きな利益をもたらすための準備です。政府の政策や為替制度、その他の要件に対応するために、あらゆる規則方針に沿ったものとなっています。

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ
magnifiercrossarrow-downarrow-right
0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x
×