OneEcosystemでKYCを申請する方法

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]
KYCを申請する方法

KYC手続きの手順を以下更新いたします。

1. 必要書類の準備

会社が公開している情報によると法律および規制要件に準拠するため、以下のKYC書類のみ受け付けられているとのことです(受付可能な書類の一覧は日本に合わせています)

  1. 身分を証明する書類と、
  2. 住所を証明する書類。

以下、個別に詳細をご案内いたします。

❶ 身分を証明する書類

受付可能な書類

  • パスポート
  • 運転免許証

重要: 本人確認書類のページ全体をスキャンする必要があります。パスポートの場合は、開いた状態の4角が全部写真に治るようにして下さい。

受理されない書類

  • 滞在許可証
  • ドナーIDカード
  • TAX IDカード
  • 有権者IDカード(※全国的に導入され、受け入れられている個人認証が義務付けられている国を除く)、
  • 旅行券
  • 一時的に発行された身分証明書など

必須条件

以下の内容が明確に表示されていなければなりません:
・個人写真
・個人名全部(フルネーム)
・生年月日
・書類の番号
・書類の有効期限(各書類に記載がある場合) - 有効期限が延長されている場合は、メインのIDページと有効期限が延長されたページを1つのファイルにまとめてアップロードしてください。
・機械読み取り可能な部分

重要: 高解像度で鮮明にスキャンされ、すべての詳細が確認できる画像のみ受け付けます。KYC書類は、ピクセルやドットパターンが見えないようにする必要があります。スキャンしたKYC書類はすべてカラーである必要があります。

❷ 住所を証明する書類

受付可能な書類

以下の書類のうち、いずれか1点のみをアップロードしてください:

  • 銀行から発行された3ヶ月以内の書類;
  • 自治体/政府機関/税務署が発行した書類、3ヶ月以内のもの;
  • 公共料金の請求書(電気、ガス、水道)3ヶ月以内のもの;
  • その他政府発行の書類で、氏名と詳細な住所が記載されているもの(例: 有効な 住民票、運転免許証、注: これらは日本語で書かれているため、翻訳と翻訳証明書の添付が必要です)

受理されない書類

以下のような書類は、住所証明として認められません:

  • 通信業者の請求書
  • 宅配便・郵便の領収書
  • 以下の組織が発行した書類:
    • 年金基金 ◦ 保険代理店
    • 保険代理店
    • 証券会社、投資ファンド
    • 送金サービスを提供する企業(Western union、Moneygram、IRemitなど);
    • 学校、カレッジ、大学;
  • E-shopを含む店舗、クリニック/病院、薬局からの領収書/請求書;
  • 店舗チェーンから発行されるクレジットカード/デビットカードの明細書;
  • ペットや車に関する税金
  • レンタル/リース契約書
  • 自動車の罰金・切符
  • 公証人証書など

必須条件

以下の内容がはっきりと確認できる必要があります:

  • 発行日
  • 発行機関の公式レターヘッド/ロゴマーク
  • IMAメンバーの個人名
  • 詳しい住所(国名、郵便番号、都道府県名、市町村名、番地)

重要: 高解像度で鮮明にスキャンされ、すべての詳細が確認できる画像のみ受け付けます。KYC書類は、ピクセルやドットパターンが見えないようにする必要があります。スキャンしたKYC書類はすべてカラーである必要があります。

KYC書類は、以下の基準を満たす必要があります:

  1. 手書きの書類は受け付けられません。印字のものをご用意ください。
  2. 提出されるKYC文書はすべて英字で書かれている必要があります。それ以外の場合は、公認翻訳者が署名・捺印した英語による公式翻訳を、原本の写しと一緒に1つのファイルにアップロードして提出する必要があります。
  3. 身分証明と住所証明に同じ書類を使用することはできませんのでご注意ください( - 運転免許証を身分証明欄にアップロードした場合、住所証明として使用することはできません。)
  4. コピーされた身分証明証は、適切な証明/公証(署名とスタンプ)がされていない場合、受け付けられません。
  5. 書類の白黒画像は受け付けられません。すべての詳細がはっきりと読み取れ、カラーでなければなりません。
  6. アップロード可能な書類形式はJPEG(.jpg)、PNG(.png)のみです。
  7. 書類の最大ファイルサイズは2MBまでです。
  8. 重要: よく見落とされている点が、英語表記の住所に必ず「郵便番号」と「JAPAN」まで記載する必要があることです。ご注意ください。

2. 身分を証明する書類のアップロード

1.「My Profile」にクリックします

2.「KYC」にクリックします。

3.「Start the verification now」にクリックします。

4.「Normal Verification」にクリックします。7日以上かかると表記されていますが2023年3月現在は1週間以内に承認が確認されています。

5. 身分証明証の情報を記入します。

6. 身分証明証の写真をアップロードします。

以下の❶にクリックして画像ファイルを選択して、❷の「Upload Selected Files」にクリックします。

7. アップロードの完了を待ちます。

8. アップロードが完了したら以下の画面が表示されるので「Next Step」にクリックします。

9. 次に住所を証明する書類をアップロードする画面が表示されるので、書類の情報を記入します。

10. 画像をアップロードして、フォームを送信します。

以下の❶にクリックして画像ファイルを選択して、❷の「Upload Selected Files」にクリックします。

11. アップロードの完了を待ちます。

12. アップロードが完了したら以下の画面が表示されるので「Back to Profile」にクリックします。

13. 上記の「プロフィールに戻る」ボタンをクリックすると、以下のように申請中の書類が表示されます。

In Review は審査待ちであることを示しています。

定期的に申請状態の確認のためこの画面を開いて下さい。書類に不備などございましたら Rejected と赤い色で表示されるので、書類を再度アップロードする必要があります。

以上、KYCの申請方法手順です。ご自分で申請できる方は是非上記の手順を参考に申請作業を行なって下さい。ご自分で申請ができない方はONEJAPANに代行をお申し込みいただけます。

3. KYC申請の代行について

ご自分でKYC申請ができる方は無料ですので上記の手順を参考に自分で申請を行なってみて下さい。代行は、KYC申請を自分でできない方に限りますのでご了承ください。

KYC申請の代行には、アカウントのログインが必要ですので、特定のフォームを利用してメールアドレスとパスワードをご提示いただきます。ログインできない方はまず、ログインできるようにして下さい。

KYC申請手続きが完了したら、必ずパスワードの変更を行なって下さい。

代行手数料について。

KYCの代行は以下の料金を頂いてます。

  • プラチナサポーター会員: 0円
  • ゴールドサポーター会員: 500円
  • シルバーサポーター会員: 1,390円
  • ブロンズサポーター会員: 2,980円
  • プラチナ介がある非会員: 3,980円
  • 無料会員: マニュアルを無料公開いたします。

以上、KYC申請の手順をご案内いたしました。ご不明な点ございましたら以下のいずれかの方法でお問い合わせいただけます。

❶ プラチナサポーター: ホセの個人LINE(別途案内)

❷ ゴールドサポーター: ONEJAPAN会員用LINE https://urlkai.com/ojline

❸ ソルバーサポーター: ヘルプ/Aiサポート https://urlkai.com/ojhelp

❹ ブロンズサポーター: 非公開フォーラム https://urlkai.com/forum

❺ 無料サポーター会員: 無料質問コーナー https://urlkai.com/free
※ 各サポーター会員区分はその下の区分のお問い合わせ方法も利用可能です。使いやすい方をお選びいただけます。


上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ
magnifiercross
0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x