中央集権型と分散型の違い、パート2。コーポレート・コーディネーターからのメッセージ(ワンライフ公式ニュースレター2021年6月16日)

この記事はOneEcosystemの公式ニュースレターを日本語にしたものです。
※当該和訳は、英文を翻訳したものですので、和訳はあくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、英文の原文を参照していただくようお願いします。
※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

以下の情報は、3年前に書き始めたものですが、現在でも十分に意味のあるものです。この情報は2つのパートに分けて掲載しています。 前半は先週のニューズレターで、後半は今週のニューズレターでお届けします。

中央集権型と分散型の違い 

パート2です。

 変化は避けられません。この変化を起こすためには、大規模でグローバルなものである必要があります。ここでは流通が鍵となります。したがって、質の高いプロフェッショナルな方法で、最も効果的な流通モデルを使用する必要があります。ここで言っておきたいのは、それぞれのモデルに適切な人材だけが含まれているわけではなく、多くの場合、欲が負のプロセスの原動力になっているということですが、これは、優れたマネジメントによって、流通チェーンの発展の中でクリアすることができます。

このようにして初めて、人々は、必要な商品やサービスだけを購入するための新しいタイプのお金という形で、「新しさ」を徐々に認識し、使用することができるのです。そして、最も重要なことは、そのお金以上には「印刷」できないということです。

 流通開発のプロセスが、参加者の知識やスキルを高めるプロセス、つまり教育的な部分と同時進行であれば、より大きなグループ/コミュニティでの認知や使用のスピードを高めることができます。

 多くの暗号通貨が誕生し、社会に浸透していく上で、将来的に大きな問題となるのが人材です。この点からも、中央集中型暗号通貨の開発は、管理が非常に容易であり、結果的に効率的です。

 すべての行動や決定を社会に回すことが重要です。社会的に低迷していない分野の方向に使用を退化させないためにこそ、規制があり、それが必要なのです。

この方向性の傾向を示す別の記事を紹介します(英語)。

https://www.coindesk.com/goodbye-fungibility-ofacs-bitcoin-blacklist-remake-crypto?fbclid=IwAR21HSuuren3CFinq8d9fsYzu2NJpTNtfvjhOdBJGXXDMvZFmA8RhWJhVr8

“OFAC(米財務省外国資産統制局)のビットコインブラックリストは暗号通貨を変えるかもしれない”―Coindeskの記事:以下は省略

お金に対する価値=商品やサービス。特定の通貨を持った大勢の人が買える商品やサービスが多ければ多いほど、その価値は高くなります。実は、通貨のcoverは、金でも銀でもダイヤモンドでもなく、その他の商品資産でもなく、その通貨で味わえる商品やサービスだけなのです。

したがって、将来の世界的な暗号通貨は、取引者による商品やサービスの使いやすさや認知度に焦点を当てて開発する必要があり、また、そのvolatility(価格変動性)をバランスのとれた合理的な範囲内に収めるためのツールを開発する必要もあります。このような面で最も重要なことは、この通貨が公開される前に起こることです。そうでなければ、ビットコインやその他の分散型アルトコインですでに起こっているように、使い勝手やコントロールが退化する危険性や、あらゆるものの需要と供給をコントロールする以前の支配者によるこのような通貨のコントロールは、非常に簡単に実行できるのです。

 

実際、ビットコインは先物市場に参入することですでに「規制」されており、後戻りはできません。禁止する必要はなく、それどころか、金や銀、その他すべての価値ある資産と同じように、同じ仕組みを使って同じ「スキーム」のもとで、すでに管理・統制されているのです。

 

しかし、武器や麻薬の取引、証券取引を管理し、マネーロンダリングから配当を得ているのと同じ人たちによって規制され、管理されているのです。

 

変化が必要であり、それは近づいていますが、これまでとはまったく異なる方向、異なる方法で行われます。最終的には、集中型暗号通貨が公開されると、そのコードがオープンになりますよね。

 トレンドを追いかけて、毎日読んで、見つけてください。警戒してください!これは未来の世代にとって重要なことです。

 勇気を持って、世界は他の誰かではなく、私たちを待っているということを敢えて伝えましょう

ONE Ecosystemコーポレートコーディネーター

リュドミル・ゲオルギエフ

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ
magnifiercrossarrow-downarrow-right
0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x
×