loader image

レベル2:金融市場入門2-株式市場

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

ワン・アカデミーのレベル2

ワン・アカデミーに参加することは重要です。

926f935e-147a-8307-1eb4-3285ee3250c8

世界中でパンデミックの影響が続いており、経済的にも大きなマイナスの影響を受けています。その結果、多くの人々が、この金融危機をどのように乗り切り、この時期に存在するチャンスをどのように活用するか、真の答えを求めています。

レベル2:金融市場入門2-株式市場
レベル1では、金融の世界の控え室が紹介され、最も基本的なカテゴリーが示され、レベル1マニュアルでは資産も見られました。 このレベル2では、これらの資産がどのように機能するかに焦点を当てます。このレベルでは、市場で発生する需要と供給などの現象や、それがポートフォリオの構築にどのような影響を与えるかについて、より詳しく説明しています。

そこで、引き続きトレードの促進役を見ていきますが、今週は「ナスダック」です。

ナスダック証券取引所は、ニューヨークに本拠地を置くアメリカの証券取引所です。取引されている株式の時価総額では、ニューヨーク証券取引所に次いで第2位となっています。店頭株の価格提示と取引支援を行う世界初の電子見積システムです。ニューヨーク証券取引所に代表されるオークション市場とは異なり、NASDAQはディーラー市場です。

OneAcademyは何と言っているのか@9ページ目

“ニューヨーク証券取引所は、実店舗型証券取引所の代表的な存在ですが、一方では店頭型(OTC)のNASDAQも存在します。NASDAQの正式名称は、National Association of Securities Dealers Automated Quotation(全米証券業協会の自動売買)です。ニューヨーク証券取引所には物理的なフロアがあり、そこで取引が行われていましたが、NASDAQには集中拠点はありません。その代わり、取引はデジタルの世界で行われ、投資家はMicrosoft、Intel、Dell、Oracleなど、世界の主要なハイテク企業の株式を購入することができます。これにより、NASDAQはNYSEの非常に深刻な競争相手となり、今日では地球上で最も著名な証券取引所のナンバー2に成長しています。”

私たちは皆、この金融教育を必要としています。恐ろしい金融上の過ちを犯さないために。 そして、友人や家族にもパッケージを購入してアカデミーを受講するように伝えましょう。それが私たちの仕事の中心なのです。

行動が物事を変える

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ

何かお困りですか?ヘルプデスクにお問い合わせください。

1
0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x