金か、金の証券か?

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

Oneアカデミーのレベル1を通過することが重要

世界中でパンデミックの影響が続いており、経済的にも大きな打撃を受けています。その結果、この金融危機をどのように乗り切り、この時期に存在するチャンスをどのように活用すべきかについて、多くの人々が本物の答えを求めています。

レベル1の「金融入門」は、投資計画、リスク、不確実性、連邦準備制度/量的緩和、投資ポートフォリオ、分散投資、パーソナルファイナンス、仮想市場など、多くの分野について学ぶことができ、金融の世界への扉を非常にシンプルかつストレートに開くことができる素晴らしいツールです。

金か、金の証券か?

金は何千年もの間、通貨、商品、投資対象として重宝されてきましたが、今日の投資家の間では、通貨の切り下げ、インフレ、デフレに対するヘッジとして、また経済の先行きが不透明な時のための「安全な避難場所」として人気があります。金市場は流動性が高く、投資家が金のエクスポージャーをとる方法には、金貨や金塊などの現物を保有する方法や、EFT(Exchange Traded Fund)を利用する方法などがあります。金の現物とは異なり、EFTは証券取引所の株式のように購入することができます。

Oneアカデミーが示す答えとは?(56ページから引用)

“投資家の中には、あたかも本物の金そのものを買うかのように、金の証券(先物、ETF、鉱山会社の株式など)を購入する人がいます。しかし、実際のところ、彼らは、金と関連性のある、比較的変動の大きい市場に参加しているのです。繰り返しになりますが、物理的なものは有形で需要がありますが、有価証券はそうではないかもしれません。さらに言えば、それらは金そのものではないのです。”

私たちは皆、この金融教育を必要としています。金融の失敗を避けるために、今こそ、ONEアカデミー·コースを真剣に学び、友人や家族にもパッケージを購入して受講するように伝えるべきです。

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ

何かお困りですか?ヘルプデスクにお問い合わせください。

0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x