コモディティ、バブル、貴重な資産

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

Oneアカデミーのレベル1を通過することが重要

世界中でパンデミックの影響が続いており、経済的にも大きな打撃を受けています。その結果、多くの人々が、この金融危機をどのように乗り切り、この時期に存在するチャンスをどのように活用するか、本物の答えを求めています。

レベル1の「金融入門」は、投資計画、リスク、不確実性、連邦準備制度/量的緩和、投資ポートフォリオ、分散投資、パーソナルファイナンス、仮想市場など、多くの分野について学ぶことができ、金融の世界への扉を非常にシンプルかつストレートに開くことができる素晴らしいツールです。

コモディティ、バブル、貴重な資産

バブルとは、株式や債券、不動産などの金融資産や商品の価格が、基礎的なファンダメンタルズ(価格高騰を正当化するような需要の高まりなど)を伴わずに急激に上昇し、過去の基準や資産の本質的な価値、あるいはその両方をはるかに超えるレベルに達することをいいます。

Oneアカデミーは何と言っているのか?(55ページから引用)

"しかし、経験則から言えば、バブルは不安定で短命な傾向があり、市場自体から見れば外因的な要因によって作られることを覚えておくといいでしょう。そのような要因とは、与党や中央銀行の政治的裁量のことです。つまり、価値は消費者や産業界の需要によって創造されるものであり、バブルは市場以外の要因によって創造されるものなのです。金についてはすでに述べました。金が安定しているのは、貴金属が非常に多様な産業に使用されており、他にも多くの用途があるからです。つまり、需要があるのは人なのです。一方、国債は中央銀行の印刷機によって浮いていますが、これは他の資産に比べて真の需要が少ないからです。"

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ

何かお困りですか?ヘルプデスクにお問い合わせください。

0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x