最後の貸し手

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

中央銀行は、商業資金では供給不足をカバーできない場合に、国の経済に資金を供給する役割を担っていることから、「最後の貸し手」と言われています。言い換えれば、中央銀行は国の銀行システムが破綻するのを防ぐ役割を担っているのです。しかし、中央銀行の最大の目的は、インフレを抑制して自国通貨の価格を安定させることであり、金融政策の規制機関としての役割を果たし、流通している紙幣や貨幣の唯一の供給者です。

OneAcademyは何と言っているのでしょうか?

@48ページ。

"しかし、通常、中央銀行は経済の中でいくつかの主要な機能を果たしている。すなわち、基準金利の水準を決定し、マネーサプライ(ほとんどの場合)に責任を持ち、具体的な国の市場にある他のすべての銀行がその中で活動する規制の枠組みを形成する。これ以外にも、銀行は預金を受け取ることもあります。商業銀行には一定の準備金が必要とされることが多く、中央銀行の金庫に保管されていることもありますが、これは全体的に安定した銀行システムを実現するためのものです。

これらの重要な機能を、今後一つずつ解説していきます。

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ

何かお困りですか?ヘルプデスクにお問い合わせください。

0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x