loader image

部分準備銀行制度

※ ブロンズ会員以上の方は以下、記事を広告なしでお読みいただけます。
[smartcrawl_breadcrumbs]

銀行の預金の一部だけが、実際に手元にある現金に裏付けされていて、引き出し可能な状態になっているシステムで、資本を自由にして貸し出すことで経済を「理論的に」拡大するために行われている。

OneAcademyは何と言っているのでしょうか?

46ページ。

“ここで、部分準備銀行制度について、もう少し詳しく掘り下げてみましょう。一言で言えば、預金のごく一部だけが銀行(あるいは後述する中央銀行)に蓄えられ、残りの一部は商業銀行から信用という形で手放されるということである。歴史的にはそうではありませんでした。その代わりに、預金銀行と信用銀行という 2 つの別々のタイプの銀行が存在していました。前者はお金の安全な保管者であるという唯一の義務を負っていたのに対し、後者は預金を受け取らず、代わりに信用のみで行動し、金利のスプレッドによって利益を得ていました。しかし、2つのタイプが合併され、今日の商業銀行は預金者と債権者の両方として機能する”。

我々は皆、この金融教育を必要としています。ひどい金融の失策をしないために、 今こそが本当にワンアカデミーコースが必要なときです。パッケージを購入し、アカデミーの内容を習得していくように友人や家族に教えてください。

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問

上記の記事に関する質問はブロンズサポーター以上の購読が必要です。
以下のフォームからログインまたは新規登録をお願いします。
新規登録
Copyright © 2020 – 2024 All Rights Reserved
日本におけるOneEcosystem(旧OneLife)コミュニティーに対する正確な情報提供を初め、知識を共有しメンバーの参加と体験の向上を促進する。
上部へ

何かお困りですか?ヘルプデスクにお問い合わせください。

0
この記事に関するコメントやご意見お聞かせください。x